厨房道具の急なトラブルでも焦らない修理とメンテナンス

>

飲食店の心臓部である厨房

冷蔵庫が冷えなくなったら

冷蔵庫の後ろや前には、熱気を外へ排出するためのファンがついています。
ファンの所に被さっているフィルターが、目詰まりしていると冷蔵庫の効きが悪くなったりします。
調理をする厨房では、油汚れがこのフィルターについてしまい、隙間を塞いでしまっていることが良くあります。
フィルターを確認して、清掃してみましょう。
また、フィルターの前に物が置かれてしまっていると、同じような状況になります。
限られたスペースに置かれているため、ふさいでしまう事も良くあります。
それから、冷蔵庫内に物を入れ過ぎていないかも確認しましょう。
冷蔵庫内は冷気が循環するから冷えるのですから、冷えた空気が動くスペースが無ければ冷えない場所があって当然です。
また、庫内の冷風口が霜でふさがれてしまうと、同じ様に冷風が庫内に回りません。
こちらもチェックしてみましょう。

それでもだめなら修理業者に依頼しましょう

不具合が出る時に多い原因の部分をクリアにしたにもかかわらず、改善の兆しが無い様であれば、修理業者に依頼しましょう。
コンプレサーや蒸発器の故障、あるいは、冷媒がもれて量が減っていたり、無くなってしまっていると、補充しなければなりません。
この様な突発的な故障に対応したり、あるいは、このような突然の不具合が出ないように、定期的にメンテナンスの契約をしておくことも必要かもしれません。
お店のオープン時に厨房機器をそろえる際に、リース契約を結んで使用している厨房機器の場合、メンテナンスまで含めた契約になっている事が多いですので、不安な方は、もう一度契約書を確認しておくと良いでしょう。
また、店内でも、フィルターや冷風口については定期的に清掃、チェックをルーティン化しておくと安心です。


この記事をシェアする

トップへ