厨房道具の急なトラブルでも焦らない修理とメンテナンス

>

ガスコンロがに火が付かなくなったら

調理に欠かせないガスレンジ

ガスコンロが使えなくなったら、調理はできなくなってしまいます。
こちらも、冷蔵庫と順位を争うほど重要な厨房機器です。
良くある不具合は、そのものずばり、火が付かない、というもの。
まず確認するのは、ガスの元栓。
閉店時に締めているようであれば、開栓を忘れている可能性があります。
その次にガスホースが外れたりしていないかを確認します。
外れていたら大問題です。
元栓が開いていたら、ガスが充満してしまいます。
どれも当てはまらない場合、点火プラグが濡れていたり汚れていないかの確認をします。
汚れていたり、バーナーに向きがあっていなかったりするとうまく着火しないことがあります。
家庭用に多い、電池式のコンロの場合は、電池切れの場合もありますので、その確認するとよいでしょう。

問題が解決しないなら修理業者へ依頼

心当たりの箇所をすべてチェックしても着火しないようであれば、修理業者へ依頼しましょう。
冷蔵庫と同様、ガスコンロをはじめとする調理機器もリース契約が可能です。
また、ガスの供給会社には、給湯器、コンロ、オーブン、炊飯器など、まとめてリース契約してくれるサービスもあります。
もちろんメンテナンスを含んだ契約も可能です。
ガスの供給契約が無くても可能な場合もあります。
ただし、この場合はガスの供給契約をしていた方がリース料はもちろんお得になります。
ガスコンロの周りは毎日大変汚れるスペースです。
メンテナンス契約があるからと安心せず、日頃から清掃を心掛け、急に不具合が出て慌てることのないように心がけることが大切です。


この記事をシェアする

トップへ